スペイン住居種類


住まい選び前に確認すべきスペイン住居種類

スペインには4つの住居のタイプがあり、大半を占める人たちがいずれかの住まいに住んでいます。

住居は、勉強や仕事から帰ってきてリラックスできて休める環境がとても大事です。自分に見合った条件の住居を見つけ、スペイン生活をよりもいものにしましょう!

1.ビラ(Villa)

1.ビラ(Villa)

ビラは一般的に広々とした敷地内に建てられた豪華な住宅を指します。プライベートプールや庭園を備え、一定のプライバシーを確保するために塀や門があることが特徴です。ビラは都市の郊外やリゾート地によく見られます。

2.カサ(Casa)

2.カサ(Casa)

カサは一般的な家屋や住宅を指し、スペインの伝統的な住居スタイルを表現する場合に使用されることがあります。スペインには地域ごとに異なる建築様式や特徴があり、カサもその地域の文化や伝統に合わせて建てられます。

3.アパルタメント(Apartmento)

3.アパルタメント(Apartmento)

アパートメントはマンションや集合住宅の一部を指す言葉で、複数の住戸が一つの建物内にあります。スペインの都市部では、多くの人々がアパートメントで暮らしています。

4.シェアハウス(piso compartido)

4.シェアハウス(piso compartido)

学生にとても人気なのがシェアハウスです。複数の留学生や学生が一つの住居を共有する形式で、各個室にはベッドや机が備わっており、共用のリビングルーム、キッチン、バスルームがあります。シェアハウスは留学生同士の交流の場としても人気があります。これは留学生だけではなく独身の方や、カップルで住んでいる人たちも多くいます。

検討中や探し方がわからない人はシェアアパートの見つけ方の記事もあるので、ぜひチェックしてみてください!

5.学生寮(dormitorio)

5.学生寮(dormitorio)

大学や語学学校の近くには学生寮が存在します。学生寮は留学生専用の住居であり、個室や多人数でのルームシェアが可能です。学生寮には共用の施設やサービス(食堂、学習スペース、洗濯室など)が提供されることがあります。

6.ホストファミリー(Host Family)

6.ホストファミリー(Host Family)

ホストファミリーは現地の家族のもとで滞在する形式です。留学生はホストファミリーの一員として生活し、現地の文化や生活習慣を体験することができます。コストはそれなりにかかると思いますが、それなりに貴重な体験ができると思います。また、ホストファミリーも言語習得や文化交流の機会を提供してくれる場合があります。

まとめ

いかがでしょうか。

スペインにはいろいろな住居の種類があるので、自分の適した住まいを見つけてみましょう。また、住居探しがうまくいかなかったり不安な方は、留学機関や留学エージェントを利用しても良いでしょう。留学生に適した住居の選択や手配をサポートしてくれる場合がある他、より安心安全に住居を見つけることができるのでおすすめです。

スペイン住居がなかなか見つからない人や不安な方

弊社において、スペイン留学を検討している方、またはスペイン留学中において住居に困っている方に向けて住居提供のサポートをしております。

以下のフォーム内容を記入していただき、ご希望の住居タイプや条件といったものを記入してください。

現在すでにスペインでお住まいの方も、シェアハウスのルームメイトと合わなかったり、ホームステイ先の対応があまり良くない、などといった悩みに対しての住居サポートも致しますので、お気軽にお問い合わせ下さい。