スペインの治安事情

スペインの治安事情

スペインは観光地として人気があり、多くの留学生や旅行者が訪れる国ですが、安全性と治安について理解しておくことは重要です。

この記事では、スペインの安全性や治安に関する情報を詳しく説明します。

スペインの治安は悪くない

スペインは安全度が比較的高いと評価されており、治安は一般的には安全な国とされています。

また、日本政府はスペイン全土に特段の危険情報を発しておらず、全土が「レベル1:十分注意してください」よりも低い白で表示されています。

とはいえ、バルセロナやマドリードなどといった人気観光地ではスペインの中でも治安が悪いので注意が必要です。

渡航した時に、注意が必要な点についてまとめたのでスペインに行く前に確認しておきましょう!

盗難と詐欺

観光地や人ごみの多い場所では、財布やスマートフォンなどの盗難に注意が必要です。

特に、バルセロナやマドリッドの繁華街、観光名所、地下鉄などが盗難の標的とされています。

私はバルセロナに何回も行ったことがありますが、必要最低限の荷物と絶対に肌から離さないようにしていたので盗まれませんでした。

ですが、実際にバルセロナに留学していた先輩や友人は高い確率でスリに遭っていました。

その他、カフェやレストランでの貴重品の取り扱いにも十分注意が必要です。

日本ではトイレに行く時、貴重品を置いていく人がいますが、そういったことはスペインでは絶対にやめておきましょう。

テロリズム

スペインでは過去にテロリストによる攻撃が発生する場合があります。

観光地や交通機関、政府機関などが標的となる可能性があるため、政府の安全情報や警察のアドバイスに従うことが重要です。

夜間の安全性

夜間の外出時には特に警戒が必要です。

暗い場所や人通りの少ないエリアでは、危険に晒される可能性が高まりますので、夜遅くに外出する際には、信頼できる交通手段や集団での移動を選ぶことが望ましいです。

現地のスペイン人と同じような格好をするということも安全対策になるでしょう。

スペインの地域によって治安が全然違う!?

地域ごとにもスペインの治安は全然違ってきます。

それは東京の治安が悪いのと、地方の方が東京と比べて安全性が高いのと同じです。

ですので、自分が行く地域の治安を確認してみましょう!

①マドリード

マドリードはスペインの首都であるため、観光客が多く訪れます。

そのため観光地や交通機関周辺では治安が悪く、盗難が発生するため警戒が必要です。

マドリードは人混みがとても多く、観光客は特に狙われやすいので、貴重品の管理や周囲の状況に警戒を怠らないよう心掛けましょう。

実際に私の友人は、マドリードのクリスマスマーケットでポケットに入れてた携帯を盗まれてしまい、12万の新しいiPhoneを親に買ってもらっていました。

なので、スマートフォンや財布は小さいカバンに入れたり常に確認したりなど、盗難にくくする工夫してからお出かけするようにしましょう。

②バルセロナ

バルセロナはスペインの観光都市として非常に人気がありますが、観光地や繁華街での盗難や詐欺が多いことが特徴です。

スリをする人の腕が良いと有名なほど、特に地下鉄内でのスリ被害が多く報告されています。ス

バルセロナは観光名所が多く、観光客の数も非常に多いため、観光客が狙われるケースが増える傾向にあります。

特に日本人は目がつけられやすいので、スペインではなるべく高価なものをつけるのはやめておきましょう。

また、夜間の外出時や観光地では特に注意が必要となりますので、一人で出歩くのはできるだけ避けるようにしましょう。

観光地ではできるだけ人ごみに紛れないよう努める、財布やスマートフォンは中身を減らして持ち歩く、安全な場所でのみATMを利用するといった対策をしましょう。

③アリカンテ

アリカンテはマドリードやバルセロナに比べると、規模が小さく比較的治安が良い傾向があります。

観光地としても人気があり、犯罪の発生率は他の都市に比べて低くスペインの中でも安全性は高いです。

アリカンテは観光地としては比較的穏やかで治安が良好な地域として知られていますが、警戒は必要です。

とはいえ、観光地では特に貴重品を見せないよう心掛け、財布やカメラはしっかりとケースにしまうなどの対策は必要です。

また、夜間に外出する際は明るい場所を選ぶようにしましょう。

まとめ

マドリード、バルセロナ、アリカンテの安全性を比較すると、アリカンテが最も治安が良い傾向にあります。

一方で、バルセロナは観光客向けの盗難や詐欺が多く、特に警戒が必要です。

スペインでの留学や観光を楽しむためにも、現地の情報やアドバイスに注意を払いつつ、治安の確認をした上で安全に過ごしましょう。