スペインビザの種類

スペインビザの種類

スペインのビザにはさまざまな種類があり、それぞれ異なる目的や滞在期間によって違います。

この記事では、主なスペインに滞在する際のビザの種類を詳しく説明します。

短期滞在ビザ(Schengenビザ):

  • 最長90日間の短期滞在のためのビザで、スペインだけでなくシェンゲン圏の国々でも有効です。
  • 観光、ビジネス、親族訪問、研修、短期の語学学校への留学などに利用されます。

長期滞在ビザ(Nacionalビザ):

  • 90日を超える長期滞在のためのビザで、主に留学や労働、起業、家族統一、投資などに利用されます。
  • このビザを持ってスペイン入国後、滞在期間を延長する手続きを行います。

学生ビザ:

  • スペインでの学習のためのビザで、大学、語学学校、研究機関での学業に参加する学生が申請します。
  • 入学許可書や経済的な裏付けが必要です。

学生ビザについての申請方法や書類などといったさらに詳しい情報はこちらをチェック!

労働ビザ:

  • スペインでの雇用や就労のためのビザで、スペインの企業での雇用、起業、フリーランスなどに関連します。
  • 雇用契約や事業計画、スキルや経験の証明が必要です。

家族統一ビザ:

  • スペインに住む家族と再統一するためのビザで、スペイン在住の家族と再び一緒に暮らすために申請します。

投資家ビザ:

  • スペインでの投資活動のためのビザで、スペインへの投資やビジネス活動を行う個人や法人が利用します。
  • 特定の金額以上の投資やビジネスプランが求められます。

ボランティアビザ:

  • ボランティア活動を行うためのビザで、非営利団体でのボランティア活動を目的とします。
  • ボランティアプログラムの承認や目的の証明が必要です。

ワーキングホリデービザ

  • ワイキングホリデーとは、二つの国・地域間の取り決め等に基づいた制度であり、主に休暇を過ごすことを目的とし、入国から最長1年間の滞在が可能になるビザです。

これらのビザは、申請手続き、必要書類、条件、滞在期間などが異なるので、具体的な目的や状況に適したビザを選択し、申請する際には各種要件を確認することが重要です。また、ビザの種類や要件は時折変更される可能性があるため、最新情報を確認することが必要です。